【疑問】冬に外壁塗装は可能なのか?


皆様こんにちは!
12月に入り、2021年ももうすぐ終わりという事でかなり寒くなってきましたね。

この時期になるとお客様より冬ならではのご質問を頂きます。
実際に頂いたご質問をいくつかご紹介します。

・冬に外壁塗装ができないとインターネットで確認した。本当にそうなのか?
・寒い時期は塗料が乾かないので、塗装するのは春まで待たないといけないのか?
・できるだけ早く外壁塗装工事を行ないたいが、どのくらい時間がかかるのか?

以上3つのご質問をご紹介させて頂きました。
上記のご質問を受け、今回は冬に外壁塗装は可能なのか?
また、外壁塗装を行なった際の注意点など解説していきたいと思います。

早速ですが結論から申し上げると、冬に外壁塗装は可能です!
ただ、外壁塗装工事を行なう際にいくつかの注意点があります。

順を追って簡単にご説明しますので是非最後までお読み下さい。


なぜ冬の外壁塗装は難しいとされるのか?


日本建築学会が発行している建築工事標準仕様書では、
塗装場所の気温が5℃未満湿度が85%以上であれば
原則的に塗装作業を着手しないよう書かれております。

つまり難しいとされている理由は、気温と湿度が原因です。
そのため冬に塗装工事は適切ではないとされています。

ただしあくまでも原則的に塗装作業を着手しないようにと説明されており、
不可能という訳ではありません。

実際に弊社で冬の寒い時期に塗装工事を行なった実績は何百件もあり、
冬に施工したのが原因で施工不良が生じたというケースは1件もありません。

では続いて気温が低く、湿度が高いとどのような現象が起きるのかについて
いくつか説明致します。

①塗料を乾燥させるための時間が増える

冒頭のご質問でもあった通り、冬は塗料が乾燥しにくいです。
外壁塗装は下塗り・中塗り・上塗りが基本ですが、塗料の乾燥というのはとても重要なポイントであり、乾燥していない場所に塗料を塗ると施工不良が生じる可能性があります。

関連記事外壁塗装工事の流れや期間について解説!

ただ決して乾燥しないという訳ではないため、時間をしっかりと確保することで
外壁塗装工事を可能とさせます。

塗料によって乾燥に要する時間が異なりますが、平均して6時間から7時間程度
冬であれば乾燥時間を設けます。

②結露の発生

結露(けつろ)とは家の中と外の温度差が激しい場合に生じる
外壁に付く水滴の事を指します。

冬に暖房を付けると窓ガラスに水滴が付着していると思いますが
この現象と同じです。

外壁が濡れている状態では外壁と塗料の付着が悪くなり、
塗料が持つ本来の効果を発揮できない可能性があります。
そのため冬に外壁塗装が難しいとされている原因の一つになります。

補足になりますが断熱塗料などの寒さに強い塗料を使用すると
結露の発生を抑える事が可能なため大変おすすめです。

関連記事冬の寒さに強い塗料をわかりやすくご紹介!~断熱塗料~
関連記事寒さに負けないGAINA(ガイナ)の塗料をご紹介!

ご興味ある方は参考にどうぞ。

③霜の発生

霜(しも)とは結露が凍った現象の事を指します。
結露と同様に仕上がりの品質に大きく関わるため、霜が発生してしている状態で塗料を塗る事はできません。

霜を払ったとしても、外壁が湿っている状態ではすぐに劣化してしまう
可能性があります。

冬に塗装工事を行なう際の注意点

工事期間が長くなる可能性

乾燥時間を長く設けるため、必然的に工事期間は長くなってしまいます。
さらに結露や霜の影響も考えなければいけないため、期間は通常より
長くなると考えた方が良いと思います。

通常、一戸建てを外壁塗装工事するのに2週間程度時間を頂きますが、
2週間を超える可能性も十分に考えられます。

後、注意点としては天気です。
冬以外の季節だと雨の日のみ作業できなくなります。
ただ冬は地域にもよると思いますが、雪が降ることもありますので
その分工事期間が延びる事になるでしょう。

塗装業者選び

冬に限った話ではありませんが、冬の場合は通常よりも
しっかりと塗装業者選びに力を入れ方が良いと思います。

なぜなら、冬の外壁塗装は可能ではありますが
通常時に比べ現場で作業する職人の技量が問われるからです。

塗料は気温が低いとノビが悪くなります。つまり塗装しにくい状態です
そのため熟練の職人による施工が必要不可欠になります。

さらに外壁が湿っていないかの見極めなども必要になるため、
ただ安いという理由で業者を決めずにしっかりと選ぶようにしましょう。

冬に行なう事でメリットもあります!


塗装業界のお話になりますが、寒い時期は閑散期になります。
閑散期になるため通常時よりも、スケジュール調整がしやすくなります。

多くのお客様が塗装工事を依頼される際、大体の着工日の目処を
仰ってくれますが業界が忙しい時期であれば、ご希望に添えない場合があります。

そのため逆に閑散期である冬の時期に依頼すれば、
ご希望に添える可能性が高くなるため、この点も考慮して頂けたらと思います。

ご興味がある方は是非弊社までご相談下さい!
最後までお読み頂きありがとうございました。

今回はこの辺で。。。

 

塗り替え専科今里について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

現場ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

あなたのおうちのパートナー塗り替え専科今里へのお問い合わせはこちら

  • 電話で相談する

    • 自宅にいながら相談ができる
    • お悩み事がすぐに解決
    • リフォームを最後までサポート
    0120-938-522
  • オンライン見積する

    • すぐに大まかな予算がわかる
    • 所要時間3分!思い立った時にできる
    • 他社の金額と比較できる
    3分で完了!オンライン見積
  • メールで相談する

    • 焦らずゆっくり疑問点を記載できる
    • 回答が文字として残る
    • 店舗にわざわざ行かなくて良い
    雨漏り・外壁のご相談はこちら